即日現金が欲しい!今すぐ借りる方法はある?

MENU

即日現金が欲しい!今すぐ借りる方法はある?

 

第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

「今日中にお金を用意しないといけない」「、急に結婚式に招待されたけど、手持ちのお金ではご祝儀が足らない」など、即日現金が欲しいな時は、いったいどうすればよいのでしょうか?

 

誰しも一度は「即日で現金が欲しい」となった経験はあるのではないでしょうか?

 

そんな時、どのようにしてお金を工面していますか?

 

現金が欲しい場合、現金を用立てる方法は色々ありますが、「即日現金が欲しい」となると意外と大変ですよね。

 

そこで今回は「即日現金がほしい時に役立つお金を用立てる方法」について解説していきたいと思います。

 

 

 

【このページの目次】

 

大手カードローンなら即日現金を借りることも可能!

 

即日現金が欲しいとき現金を手にする方法として「最も確実性が高い」のが、カードローンでのキャッシングです。

 

「カードローンって消費者金融でしょ?大丈夫なの?」

 

こんな不安を抱く方も多いかもしれません。

 

 

しかし、今は銀行や信販会社でも取り扱いしていますので、安心して利用することができ、即日現金が欲しい場合もすぐ借りることは可能です。

 

また、消費者金融といっても「きちんと登録を受けた金融業者」であれば安全ですし、テレビや映画で見かけるような取り立てをされることは先ずありません。

 

大手消費者金融なら銀行グループの傘下に入っていますので、銀行で現金を借りるのと同じぐらいの安心感があります。

 

 

カードローンで即日現金を借りるには、「対応の早い貸金業者」を選ぶことが大切です。

 

各社のホームページにて即日で融資可能かどうか確認できますので、即日現金が欲しいのであれば、即日融資対応している金融業者を選ぶようにしましょう。

 

ただし、「銀行カードローン」ですと即日融資可能と謳っていても、即日現金を手にするのは難しいので、即日現金が欲しいのであれば、申し込みは避けたほうが良いです。

 

 

 

即日現金が欲しいのであれば「大手消費者金融のカードローン」が良いです。

 

大手消費者金融のカードローンなら最短30分で審査結果回答可能、そして1時間もあれば融資までこぎつけることも可能です。

 

大手消費者金融なら基本的にどこも即日融資に対応していますので、即日現金が欲しい場合は大手消費者金融に絞ると良いでしょう。

 

 

大手消費者金融で「即日現金を手にする方法」は主に2通りあります。

 

1つは自動契約機によるローンカード発行、もう1つは口座振り込みです。

 

 

「自動契約機」とは無人店舗に専用の機械が設置されており、機械を操作してその場で契約手続きを行います。

 

担当のオペレーターが丁寧に説明してくれますので、初めての方でも簡単に手続きすることが出来ます。

 

 

流れとしてはインターネットで申し込みを行い、審査通過後に即日に必要書類を持参して自動契約機に向かい、契約手続きをとり、その後にローンカード発行となります。

 

上手く行けば、即日現金が可能です。

 

 

発行されたキャッシュカードを使って「併設されたATMやコンビニのATM」にて、即日に現金を引き出すことが出来ます。

 

ローンカードがあれば、ほぼ24時間何時でもお金を手にすることが出来ますので、即日現金が欲しいときでも、その日のうちにカード発行まで完了させることです。

 

 

自動契約機は夜の10時近くまで営業していますので、時間に余裕を持って手続きすることが可能です。

 

ただし申し込み時間の締め切りがありますので、「何時までに申し込みすれば即日現金を借りれるできるのか」といった条件を必ず確認するようにしてください。

 

大手の自動契約機では、土日祝日も営業しているのも非常にありがたいところ。

 

土日や休みの日に即日現金が欲しい場合でも、即日現金を借りる事も可能です。

 

 

 

口座振り込みの場合は自宅から一歩も外に出ること即日現金を借りることもが出来ます。

 

ですので、「即日現金が欲しいけど、とにかく時間がない」という方にオススメの方法です。

 

 

多くの場合、平日の14時までに契約完了すれば希望する金額を口座へ入金されます。

 

口座振込の場合は申し込み締め切り時間が非常に短いですから、即日現金が欲しいなら、午前中には申し込みを済ませておくようにしましょう。

 

土日祝日は銀行の定休日となりますので、即日で融資をうけることが出来ません。

 

その場合は自動契約機でカード発行する方法を選択しましょう。

 

 

カードローンは担保も保証人も不要で、申込者の信用を担保に融資をうけることとなります。

 

ですから、より厳しい基準で審査されることとなり、特に重要となるのが返済能力と信用力です。

 

「毎月安定的に収入を得ているか」「勤続年数は1年以上あるか」「ローンやクレジットの返済を遅滞していないか」が非常に重要となります。

 

上記の内1つでもクリアしていない項目があると、即日現金が欲しいとしても審査に通ることはほぼ出来ません。

 

ですので、即日現金が欲しいならば申し込み前にかならず確認しましょう。

 

 

ちなみに、ほとんどのカードローンでは18〜19歳の未成年者はお金を借りる事はできませんので、よく覚えておきましょう。

 

参照ページ⇒未成年の学生が即日現金が欲しい場合、借りれる?

 

 

即日現金が欲しいなら質屋もオススメ

 

仮に、カードローン以外で即日現金が欲しいのであれば「質屋」もオススメです。

 

実は、質屋で即日現金を借りる事ができるのをご存知でしょうか?

 

 

質屋と聞くと「ブランド品や貴金属を買取している」というイメージが非常に強いですが、実はお金を借りることも可能なんです。

 

「お金を借りる」となると「カードローン」を連想させる方が殆どかと思いますが、質屋はカードローンと何が違うのでしょうか。

 

 

まず1つ目に大きな違いは「担保が必要か?不要か?」です。

 

カードローンは現金を借りる時、原則無担保ですが、質屋では担保が必須となります。

 

 

2つ目に「借金の返済に対して督促があるかどうか」です。

 

上記で説明した通り質屋では担保が必要となりますが、お金を貸す金額はこの預けた担保に応じてとなり、即日現金で借りて、もし返済ができなかったとしても督促や取り立てはありません。

 

質屋の返済期限は基本的に3ヶ月で、これを過ぎた場合は担保の所有権を失うことになります。

 

 

これに対しカードローンは、その人の信用に対しお金を貸し付けていますので、もし返済が送れるようなことがあれば督促されますし、最悪の場合は差し押さえになることもあります。

 

 

そして3つ目に「信用情報機関に記録されるかどうか」です。

 

カードローンを利用するとその事実が信用情報機関に記録として残ります。

 

質屋の場合は即日現金を手にしても、信用情報機関に記録されることはなく、借りているお店で履歴が残るだけです。

 

 

最後に「貸付利率」が異なります。

 

質屋の場合、質屋営業法に基づいて営業しているため、上限金利がカードローンとは異なります。

 

カードローンの場合金利の上限は年20%ですが、質屋の場合は何と年109.5%となります。

 

 

 

金利や総支払額を考えれば、質屋よりもカードローンを利用するほうが圧倒的にお得といえます。

 

 

しかし、質屋の場合は「督促や取り立て」が一切ありません。

 

もし即日現金で借りて返済できなくても、担保として預けていた品物を失うだけで、支払い義務は無くなるという魅力があります。

 

 

返済のメドが立つのであればカードローンを、急ぎでまとまったお金が必要で、手元に価値のある物があるという場合は質屋が良いかもしれませんね。

 

 

ただ、質屋は担保として預ける品物が無いと即日現金する事ができず、なおかつ、ある程度価値のあるものでないと高額な借り入れをすることが難しいということを忘れてはいけません。

 

即日現金が欲しい時、カードローンが良いのか質屋が良いのかは自分の置かれている合う方を選ぶのが良いでしょう。

 

 

クレジットカード現金化で即日現金を手に入れる

 

「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

街中を歩いていると電柱や電話ボックスなどに、「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」といった謳い文句の書かれた張り紙を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

クレジットカードは御存知の通り、商品やサービスを購入し後払いとなるショッピングの機能と、現金を借りるキャッシングの機能があります。

 

そして、それぞれに利用限度額が設定されています。

 

クレジットカードの現金化とは本来商品やサービスに購入する使用するショッピング枠を換金目的で利用することを言います。

 

「え?そんなこと出来るの?」と驚かれる方も多いかと思いますが、クレジットカード会社はこのような行為を認めていませんので、即日現金が必要でも絶対にやらないでください。

 

 

換金目的でカードを使用することはクレジットカード会員規約に違反しますので、カードの利用停止になったり、自分の債務を増やすだけで何一ついいことなんてありません。

 

そればかりか犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性はもありますので絶対に利用しないことです。

 

 

 

手口としては、古物営業の許可を執った業者が消費者に対しほとんど価値の無い商品をクレジットカードを使って購入させ、その後、購入代金より低い金額で買取りします。

 

これにより消費者は現金を得ることができ、業者が購入代金と買取金額の差額で利益をえることが出来ます。

 

 

中には消費者に購入だけさせて現金のキャッシュバックを一切しなかったり、法外な手数料を要求し拒否すると法外なキャンセル料を取るといった悪質な手口を行なう悪徳業者も存在します。

 

即日現金が欲しい時でも絶対にやめておきましょう。

 

 

即日現金払いのバイトを行う

 

どうしても即日現金が欲しいのであれば、何も金融機関から借りるだけが方法ではありません。

 

働いてお金を手にするのが最も健全で安心な方法といえますから、「即日現金が欲しいけど、お金を借りるのは嫌だ」という方は自ら働いてお金を得ることを考えてみてはどうでしょうか?

 

 

日雇いバイトなら1日だけ働いておしまいですから、継続する必要がなく気軽に始められますよ。

 

ただし、1回の仕事のみで高額な収入は期待できませんので、「まとまった現金が欲しい場合」は、何日か日雇いバイトをする必要があります。

 

 

 

また、日雇いバイトは派遣会社等に登録しないと出来ませんので、注意が必要です。

 

登録していないことにはバイトすることは出来ませんので、もし即日現金が欲しいときは必ず登録を先に済ませておきましょう。

 

 

日雇いバイトといっても会社によってはその日に給料を受け取ることができず、後日指定日に振り込みするところもあります。

 

 

ですので、即日現金が欲しい場合は必ずその日に給料が受け取れる仕事なのか確認するようにしてください。

 

 


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須